業務用リサイクルショップ オフィス家具、厨房機器、機械工具の買取と販売「無限堂」の通販サイト

●無限堂からのお知らせ●

誠に勝手ながら2019年4月28日(日)~5月6日(月)はGW休業とさせていただきます。>>詳しくはこちら
ご注文・お問合せは期間中も受け付けておりますが、ご返信等につきましては、5月7日(火)以降に順次対応いたします。
また、休業期間前後は配送が込み合うため、到着予定日の確約は致しかねます。予めご了承ください。


カウンターの選び方
購入のポイント

カウンターの種類

ハイカウンター
ハイカウンター

天板の高さが950mm前後のカウンターです。
立ち上がったまま訪問者とやり取りをするタイプのカウンターで、イスが不要です。登録や書類などの提出等の大量の処理が必要で、訪問者一人に対して対応する時間が短い場合に向いています。

資料を提示するなどの事務作業に迅速に対応できるように、裏側が収納スペースになっているものが主流です。

ローカウンター
ローカウンター

天板の高さが720m前後のカウンターです。

双方がイスに座ってやり取りするタイプのカウンターで、商談などじっくり話し込んだりして訪問者一人に対して対応する時間が長い場合に向いています。

イスを収納するための凹みがあり、受付側に収納スペースはありません。なかにはパーテーションがついているものがあり、訪問者の方が隣の席からの目線を気にしないで済みます。

コーナーカウンター 内コーナー 外コーナー
コーナーカウンター
カウンター同士の接続部分に設置する扇形のカウンターです。

訪問側から見たとき、角が突き出る様な形になる場合に対応するコーナーが
「外コーナー」です。角部分が奥になる様な形になる場合に対応するコー
ナーが「内コーナー」です。兼用でなければどちらかでしか使用できない為、購入時注意
が必要です。レイアウト変更が多く、内外両方に使う場合がある場合は、内外兼用のコー
ナーを購入することをオススメします。

高さにも注意が必要です。

インフォメーションカウンター
インフォメーションカウンター

受付用のカウンターです。

天板の高さが約900~1000mmあります。幅が600mmのものあれば、1950mmで大きなものもあります。小さいものは会社の出入り口に設置し、天板に事務所に繋がる電話や呼び鈴を置いて無人の受付として使えます。


営業日カレンダー
Calendar Loading
Calendar Loading
オフィス家具の選び方
買取専用ページへ