業務用リサイクルショップ オフィス家具、厨房機器、機械工具の買取と販売「無限堂」の通販サイト

●無限堂からのお知らせ●

誠に勝手ながら2019年4月28日(日)~5月6日(月)はGW休業とさせていただきます。>>詳しくはこちら
ご注文・お問合せは期間中も受け付けておりますが、ご返信等につきましては、5月7日(火)以降に順次対応いたします。
また、休業期間前後は配送が込み合うため、到着予定日の確約は致しかねます。予めご了承ください。


オフィス書庫選び
購入のポイント

書庫(収納庫)はオフィスを整然とします。
書庫には様々な種類があり、収納物や設置スペースにより、最適な書庫が変わります。
それぞれの特徴を抑えて、書庫をチョイスしましょう!

書庫の種類

オープン書庫
オープン書庫
扉が付いていない書庫です。比較的安価で購入できます。入れているものがすぐ分かり取り出しやすいと言うメリットがあります。しかし扉が無いため、埃などが入りやすい上、火災時に燃えやすいと言うデメリットもあります。鍵をかけることができないため、機密性の高いものを置く事には向きません。
スライド書庫(引き違い書庫)
スライド書庫(引き違い書庫)
引き違いの扉が付いている書庫です。扉を開くスペースがいらないため、狭いスペースでも利用することが出来ます。2枚扉と3枚扉のものがあり、2枚扉の場合は中央付近の書類が取り出しにくいと言うデメリットがあります。開けられる幅が決まっているため、幅のあるものを収納することができません。
両開き書庫
両開き書庫
観音開きの扉が付いている書庫です。ガラス扉タイプと中が見えないタイプがあります。両側を開けられるので、中央の書籍も取り出しやすく、整理しやすいと言うメリットがあります。
購入時の注意点として、扉を開けるためのスペース(約450mm)が必要と言う事があげられます。
ラテラル書庫
ラテラル書庫
引き出しタイプの下置き専用の書庫です。ファイルの背を上にして収納するため、見下ろして作業することができます。収納力や使い勝手が良好です。重いものは下に収納するようにすれば、転倒防止になります。他の書庫よりも重量があり、価格も比較的高めです。
クリアトレーキャビネット(クリスタルキャビネット)
クリアトレーキャビネット
(クリスタルキャビネット)
プラスチック製の引き出しが複数ある書庫です。トレーサイズやトレーの高さは種類があり、収納する書類のサイズや量に応じて選ぶと良いです。透明の引き出しなので、どれくらい入っているか確認しやすいと言うメリットがあります。
メーカーにより呼び方が異なります。
上下書庫 エクストラハイバック
上下書庫
下と上に分かれている書庫です。組み合わせは様々あります。重ねている分、省スペースで置けるメリットがあります。
上下でくっついていて地震などで崩れないタイプと、くっついていないで解体して運ぶことが出来きるタイプがあります。(後述あり)

ラテラル書庫は重量がある上、引き出しを引いて覗き込むように書類を取り出すため、上に設置するには向きません。 ガラスの扉が付いている書庫は、椅子や脚をぶつけて割ってしまう可能性があり、危ないので、下には置かない様にしましょう。
上下が離れているタイプを利用する際は、
地震対策に連結金具をつける事をオススメします。

サイズ

購入したものの、「大きすぎて置く場所に困る」と言う声を聞きます。
置くスペースに合うサイズの書庫を選びましょう。

書庫 奥行き
奥行き
400mm~500mmのサイズが多いです。
400mmはA4サイズがピッタリ収まる奥行きです。A4サイズしか使わないなら、省スペースになりオススメです。
450mmならB4E型のボックスファイルまでの大きさなら収納することが出来ます。
さらに大きなものを収納するなら500mmを選べば良いのですが、A4サイズのファイルが取り出しにくくなってしまいます。
書庫 幅
横幅
800~900mmや倍の1760mm程度のサイズが多いです。
幅の大きい書庫ほど収納量は多くなります。しかし設置スペースに合った幅の書庫を選ぶ方が良いでしょう。特にスペースに制約がなければ、中古でもよく出回る900mmを選ぶと良いでしょう。
書庫 高さ
高さ
880mm程で上下に設置することも可能なサイズや、2100mm程ある書庫があります。
取り出しやすさや、耐震性の面から、高さは2100mm程度までに留めておく事をオススメします。
選び方
  • ・機密性の高い書類を収納するなら、鍵付きの書庫を
  • ・防災性を考慮するなら、扉付きの書庫を
  • ・設置予定のスペースの寸法を測っておくと、購入後のトラブルを防げる

営業日カレンダー
Calendar Loading
Calendar Loading
オフィス家具の選び方
買取専用ページへ