業務用リサイクルショップ オフィス家具、厨房機器、機械工具の買取と販売「無限堂」の通販サイト

ホワイトボード選び方
購入のポイント

ホワイトボードの種類

ホワイトボードはホーロー製とスチール製に分かれます。見た目は得に変わりませんが、価格や性能は違います。

ホーローホワイトボード
表面にガラス質の釉薬が塗られたもので、キズが付きにくく書き消しを繰り返しても跡が残りにくくなっています。セミナールームや塾など使用頻度が高い場合オススメです。
スチールホワイトボード
表面にUV硬化型アクリル塗装がされたもので、ホーロー製と比較すると軽量で安価なので導入しやすいです。一般的なオフィスではこちらで事足ります。

ホワイトボードの設置方法

脚付きホワイトボード
脚付き
脚付きのものはキャスターが付いているものが多いです。自由に移動できて必要に応じて持ってくることが出来ます。
壁掛けホワイトボード
壁掛式
脚付ホワイトボードよりも省スペースで設置できます。高さを自由に調整できて、脚が無いため足元を自由に使えます。

粉受け

粉受け付きホワイトボード
粉受けあり
ホワイトボード用のマジックは消すと粉が出るものがありますが、粉受けがあると床を汚しません。
粉受け無しホワイトボード
粉受けなし
粉受けがない分、低コストで設置でき、奥行きも小さく済みます。

ホワイトボードの種類

予め月予定などの枠が設けられていて書き込むタイプのホワイトボードと、無地で自由に使えるホワイトボードがあります。枠の種類は多数あり、目的に応じたものを選ぶと良いでしょう。無地の場合はミーティングの板書に使用するなど様々な用途があります。

予定表&無地,ホワイトボード

片面、両面ホワイトボード

片面だけホワイトボードになっているものと、ウラおもて両方がホワイトボードになっているものがあります。
両面ホワイトボードの場合、ひっくり返すと書いていたものを消さずに新しく書き込む事ができます。片面のものと比較すると高価ですが、一度で書き込む量が多い場合オススメです。
中には片面がホワイトボードで、もう片面がクロスボードのものもあります

電子黒板(コピーボード)

ホワイトボードに書いた内容を読み取って、プリントアウトしたりSDカードに保存することが出来ます。手軽に板書を保存できるので、板書を配布する事が多い場合オススメです。
パソコンと繋いで、パソコンの画面をホワイトボードに映すことができ、タッチペンを使って画面上で直接操作したり、書き込む事ができるものもあります。プレゼンテーションやセミナーの時活躍するでしょう。

複数購入向けのメールフォーム
お客様の声
商品の状態ご説明
商品ランクについてのご説明
営業日カレンダー
Calendar Loading
Calendar Loading
買取専用ページへ